試験小論文に合格する正しいアプローチ方法で短期完成を目指そう!
27年間、小論文指導メソッドの研究をしてきた Foster Ltd. が送る、
入試「小論文」ゼミ <大学受験論作文対策講座>
入試「小論文」の合格基準は、次の3点です。
}・・・A
@ 設問要求や課題を理解する力があるかどうか
A 理解を活かして考える力があるかどうか
・・・・B
B 分かりやすく伝える文章化する力があるかどうか
※知識を問う試験ならば、
  「〜を知っていますか?」、
  「〜について知っていることを述べよ」と問います。
  「〜についてあなたはどう考えるか」、
  「〜についての見解を述べよ」と要求するのは、
  知識を問うよりも、理解し、考え、それを伝える
  文章化ができるかどうかの3点を問う試験だから
  です。
したがって、合格基準を満たす作業には
以下の手順が過不足なく行えることです。
A: 要求に応じて価値ある情報を準備する。
B: その情報を伝える文章を執筆する。
この2つは、誰もが日常的に行っている、
考えて話すという営みと同じです。
だから、決して難しいことではありません。
正しい論文指導メソッドを開発したFoster Ltd.には、
論文と面接だけで合否が決定する社会人入試では、
過去11年間で受講生が100%第1志望校に合格してきた実績があります。
全国の国公立大学88か所で就職論文指導を実施中です。
このFoster Ltd.が行う講座、短時間で確実に力を付ける
<大学受験論作文対策講座>を活用して
第1志望合格を実現しましょう!!
本文の書体を
ゴシック体に
変更する
本文の書体を
明朝体に戻す
(初期設定)
ページの先頭へ